身体を内側から整える【股関節痛と腰痛】を改善するための整体院

野球肩についてよく感じること

今回、和歌山からご来院のMくん。
中学三年のピッチャー。

軽い投球動作でも左肩に激痛が走るので、
この3ヶ月ほどはボールも投げれていない状態。

 

 

お身体の状態をみていきます。

痛みの要因をサーチしていくと、
Mくんの痛みの原因は、

・以前に痛めた肘の影響(治りきっていない)
・右股関節の動きの異常
・左肩甲骨の動きの異常
・内臓系の緊張

大まかにはこの4つぐらい。

順序よく施術して、
各部位の関連と、内臓系の緊張を解放。
だいたい解放できたところでいったん確認。

 

あ!投げれる!すごい!

少し違和感が残っているので、
微調整して終了。

この場では、実際にボールを投げて負荷をかけられないのが残念ですが、
あと1、2回やれば問題なく復帰できると思います。

Mくんの野球肩は何が原因だったのか

 

Mくんの野球肩の元々の原因は

二年ほど前に発症した肘の痛みが治っていなかったこと。

肘の痛みがとれたあとも、
肘の動きの異常が解消されておらず、
緊張が肩甲骨周りまでひろがって、
症状としては肩にでていた。

というのが根本的な原因のようです。

 

野球肩の根本的な改善のポイント

なかなかよくならない野球肩でお困りの方は、一様に、

いろんなところに行ったけど良くならなかったんです。

と言われます。

しかし、
実際にお身体を見てみると、
どうも、肩周りしか治療されていないケースが多い。
それだと、よほど軽傷でないと改善しないと思います。

または、今回のように、
痛みだけ取れて、原因が潜伏するパターンになりやすいです。
(こっちのほうが結果的にやっかいです)

野球肩の施術ポイントは、

・反対側の股関節の動きの改善
・肩甲骨の動きの改善
・胸郭の動きの改善

このあたりが中心です。

あとは、
今回のような古傷が広範囲化しているもの
もすくなくありません。

表面的な治療を受けた結果、
他の部位に痛みがではじめて、痛みがとれずに手術という子供さんを
たくさんみてきました。

きちんと原因をみつけることができれば、
よほど特殊な状況でなければ野球肩はそんなに難しい症状ではありません。

ながびく、野球肘や野球肩で、
ぜんぜん改善しないとお困りの方は、
よろしければ一度ご相談ください。

 

 

 

 
痛い時、あなたにできること

当院の施術の特色