痛みを止めるという発想

痛み止めの功罪

 

足裏の痛みでご来院のMさん。
去年の終わり頃に踵が突然痛くなり、
近くの病院で注射をうってもらい症状は改善。

それから、今年の春頃にも痛みが発症。
今度は注射があまり効かず、強めの飲み薬で対応。
しばらくすると痛みが治まった。

それから、8月末に再度かかとが痛くなり、
注射をうつことで余計に痛みが強くなった。
飲み薬も効かない状態。

京都、整体、股関節痛

痛みは警報装置のようなもの

クライアントさんには、
いつもお話するのですが、

例えば火事になった時、火災報知器がなります。

体の痛みというのは、この報知器が鳴っているのと同じ現象なんです。
火事を知らせてくれているわけなんです。

痛み止めを飲んだり、
患部を押したりするような痛み止めの施術をうけると
痛みが楽になったり、減ったりします。

これは、火災報知機をオフにしたにすぎないんです。

火は消えていない。

だから、時間が経つと、また痛みがでてきて、
今度は、簡単に取れない痛みになっている。

つまり、体の中で、
知らない間に火が燃え広がっていたということになります。

痛み止めは、応急措置と考えて、
本来の火を消すための治療が必要なんですね。

 

ご相談窓口

友だち追加

友だち追加