身体を内側から整える【腰痛と股関節痛】を改善するための整体院

股関節痛の人が絶対にしてはいけないこと その1

日常生活で気をつけないといけないポイント

なかなか股関節の痛みがなくならない。
手術しないといけないのかな。
そう悩んでいる方は多いと思います。

実は股関節痛の改善は難しくはありません。
大切なことは、
自然治癒の邪魔をしないことです。

例えば下の写真。

痛い部分を無意識のうちに指でゴリゴリと押しています。

「えっ?何がいけないの?」

と思われる方も多いのではないでしょうか。

なぜ、痛いところを刺激してはいけないのか

痛み、というのは、
そこを保護してくださいという体からの信号です。

保護してほしいところに
物理的な刺激(マッサージ、ストレッチなど)を加えると、
防御反応という反応が起こり、筋肉が硬くなります。
そして、痛みが増します。

マッサージすると筋肉はやわらかくなる?

確かに、押すと気持ちいい。

効いてる気がする。

そう思っている方は多いですが、実際には逆効果です。
確かにその場では筋肉はやわらかくなります。
ただこれはよい意味でのやわらかさではなく、
刺激によってダランと伸びてしまってるんです

このダランとした弛緩状態になると痛みは一時的に楽になりますが、
少し時間がたつと、筋肉が目を覚まし、また、緊張しはじめます。
そして、刺激する前よりも必ず硬くなります
それを繰り返し行うことで痛みが強くなり、慢性化していきます。

よく、肩こりでマッサージやさんに頻繁に通う人がおられます。
そういう人も、
痛い部分へのマッサージでどんどん肩こりがひどくなっていってるんですね。
それで、通わないと我慢できなくなる。

股関節を治すための第一原則

股関節へのマッサージ・ストレッチをしないこと!

無意識で自分でしている方が多いのでご注意ください。/memo]