寝返りで脚の付け根が痛い!大阪からご来院のMさんの症例

お困りの症状

百貨店での販売の仕事をされてるMさん。
40代女性。
一番困るのは、寝ているとき、寝返りをうつと股関節に激痛が走って目が覚めるという症状。
仕事も立ち仕事なので、夕方になると脚をひきずってしまうそうです。

もともと、股関節が弱いのか、お母さんも人工関節をいれられてるそうです。

施術と経過

初回の施術

歩くと右股関節の奥のほうがズキッと痛みがあったが、施術後10−1違和感程度に軽減。右側の膝も曲がりにくい感じなくなった

2回目(一週間後)

施術した当日は同じように痛かったが、2日、3日と立つと、寝返りの痛みはましになり、感覚的には5割ぐらい楽になった。
仕事終わりには、まだ痛みがあって引きずってしまう。

3回目(一週間後)

寝返りの痛みは、来院前の3割程度になった。
仕事中の股関節の痛みはなくなり、腰の痛みに変化。

4回目(10日後)

寝返りをしても特に違和感もなくなった。
仕事中の腰のダルさもそれほどでもない。

5回目(21日後)

その後は、忙しいときに少し痛くなる程度で、それも翌日には良くなっている状態。
ご希望で一ヶ月後に全身のメンテナンスのため予約をいただいて、施術は終了。
股関節の整体院今回の原因

・冷え
・心理的なプレッシャー
・昔の尾てい骨の怪我

今回の寝返りの股関節痛の原因は、冷えと販売業の心理的なストレスのようでした。

これらが原因で交感神経が優位になって、脚の付け根の筋肉が緊張し、症状が出てるようです。

2年ほど前に、階段から落ちて尾てい骨にヒビがはいったことがあり、それから股関節症がではじめたようなので、おそらくその時の影響もあると思われます。

みるみる改善したので、両側の人工関節のお母さんもご紹介いただきました。

スターティングペインについて

股関節痛でよくある、一歩目や寝返りなど、運動を開始するときの痛みの原因は、多くの場合冷えです。

特に夏。体は、熱を外に出そうとする体になっています。
その状態でエアコンで冷やしすぎたり、冷たいものを飲みすぎたりすると、症状がでやすくなります。

夏こそ、冷えないように気をつけてくださいね。