臼蓋形成不全の原因と治し方

股関節臼蓋形成不全の痛みを手術せずに治したいあなたへ

股関節に痛みを感じて病院へいっても、ほとんど効果のないリハビリか、手術しか選択肢がないのが現実です。
臼蓋形成不全の痛みは、90%の方は、手術しなくても改善します。

まずは、臼蓋形成不全とはどういう症状なのか一緒にみていきましょう。

股関節の痛み

 

臼蓋形成不全とは

股関節は、ちょうどジャンケンのパーがグーを包むような形の関節です。
臼がい形成不全とはこのパーの部分が通常よりも少し浅い状態をいいます。

もともと日本人は欧米人に比べると臼蓋が浅い人が多いといわれています。

 

臼蓋形成不全の原因

現在の医学では、臼がい形成不全が、何時、どんな形で発症するのかは、ほとんどわかっていません。

中年以降に股関節のあたりにだるさや痛みを感じ、病院でレントゲンをとると臼蓋形成不全がみつかるというケースが大半です。

わかっていることは、臼がい形成不全の大半は女性であること、
日本人の場合、変形性股関節症の80%は臼がい形成不全だということぐらいです。

また、同じアジア人でも、中国人や韓国人は臼がい形成不全は日本人に比べると多くないといわれています。

病気というより、生活習慣や民族的な遺伝による体質のようなものと捉えたほうがよいのかもしれません。

股関節の整体

痛みの原因

股関節のはまりが浅くても、若い頃は自覚症状がでないことが大半です。

若いときは、股関節のハマりが浅かったにもかかわらず、痛みはなかった。
形成不全そのものが痛みの原因であれば、形成不全がはじまった若いころから痛みがでているはずです。

当院では、形成不全が原因とされる痛みの多くは、
臼蓋以外の部分に原因があり、痛みが引き起こされている可能性が高いと考えています。

レントゲンで痛みの原因はみえるのか

この画像をみてください。
足の骨がはまり込んでいるのがわかると思います。
確かに、ここが浅いと関節が外れそうな気がしますね。

 

では、次にこの画像をみてください。

股関節は、このように白いテーピングのような強靭な靱帯でグルグル巻きにされて固定されているのです。
こうやってみてみると、浅いからといってすぐに問題が起きるようにはみえなくなってきます。

そして、次の画像。

靱帯の外側には、22本の筋肉が何層にもなって股関節を固定しています。

レントゲンだけでみると、不安定なイメージの形成不全の股関節も、靱帯、筋肉という関節の主役がそろってみると、そんなに不安定なイメージでもないとおもいませんか?
このように、人間の体は、少々の不具合があっても補完するような仕組みになっています。

何が痛むのか

では、なぜ中年以降、痛みがでてくるのでしょうか。

まず、股関節の中の軟骨には神経がありません。
そのため関節のハマりが悪いので、軟骨がすり減って痛むという従来の考え方は起こりえないと考えています。

結論から言えば、痛むのは股関節のまわりにある筋肉です。
何らかの理由で、股関節周りの筋肉が固くなり、血行が悪くなることで痛みが生じると考えられます。

変形性股関節症の原因

安易な筋トレという発想が悪化の原因になる

関節の痛みで来院された方の大半は、

「私は筋肉が無いので痛むんです」と言われます。そして、

「このままでは、筋肉がなくなってくる」

と、筋肉がなくなることを極端なぐらい恐れています。
筋肉が無いから痛いのであれば、赤ちゃんは全身が痛くて大変なことになります。

そして、股関節が痛むにもかかわらず、筋トレをしたり、プールで歩いたりします。

痛い状態で、筋トレなどをして鍛えようとすることが悪化の大きな原因の一つです。

股関節痛に筋トレはNG

大切なことは、痛みをとること

まず、大切なことは、筋肉をつけるという発想はいったん置いておいて、痛みをとる必要があります。筋トレは、痛みがなくなってから予防のためにやりましょう。
この順番を間違えるといつまでも痛みに苦しめられることになってしまいます。

股関節痛の原因

一般的な治療方法

病院や接骨院での保存療法は、

・電気治療
・マッサージ
・筋トレ

この3つが一般的です。

しかし、痛い状態で筋トレをしたり、痛い部分にマッサージすると、逆に悪化する可能性が高いです。その結果、

リハビリをしても痛みが取れないからと手術する方が多いです。

しかし、病院のリハビリは筋力の回復を目的としたもので、痛みの改善効果はそもそも期待できません。

本来、まず、適切な保存療法で痛みをとり、手術が必要かどうかは痛みがない状態で医師と相談して考えるべきです。

痛み止めのために手術するのは順序的に問題があると考えています。

股関節痛のリハビリ方法

当院のアプローチ方法と改善する理由

従来、臼蓋形成不全による骨の痛みと考えられてきましたが、
当院では、股関節まわりの筋肉の緊張による痛みだと考えています。

足首にわずかな力を加え、自律神経に働きかけ、体の内側から筋肉をゆるめることで、筋肉の緊張はやわらぎ、血行が改善して痛みは消失します。

また、股関節が痛いかたの8割ぐらいの方は、腰痛や肩こりなどの症状ももっておられますが、これらの症状も同時に改善していきます。

変形性股関節症とは

当院の5つの特色

特徴1 股関節症に特化した技術

当院は、開院以来、股関節の痛み(臼がい形成不全)に特化した技術を徹底して磨いてきました。
もともと痛みのでにくい股関節に痛みが出る場合は、一般的な方法で改善させるのは簡単ではありません。
当院では股関節の治療技術を磨き、少ない回数での改善を実現しています。股関節の整体

特徴2 自律神経に働きかける安全な整体技術

股関節の痛みの根本的な原因は股関節の周りの筋肉の緊張です。
当院では、自律神経に働きかけ緊張を緩めることでその場しのぎではない根本的な改善を目指します。

特徴3 股関節痛でご来院の方が全国から来院

当院は、京都の中心部にある小さな整体院にもかかわらず、
来院されるクライアントさんは、北海道から沖縄まで、全国からご来院いただいております。

股関節の整体院

特徴4 複数の症状を同時に施術

当院の施術は自律神経にはたらきかけて筋肉の緊張をとる施術です。
股関節痛の多くは、腰痛や肩こり、坐骨神経痛など他の症状を持っている方もおられますが、それらも股関節の痛みと同時に改善していきます。

特徴5 改善への強い思い

今の症状をとることが目的ではありません。
当院の目標は、もっと自由に動かせた昔の体にもどっていただくこと。
症状改善のさきにある、あなたの笑顔や幸せを目標にしています。

変形性股関節症のリハビリ

 

料金とコースについて

施術料6000円(初診料2000円)(初回は計8000円)

(初回約50分 2回目以降 約30分)

遠方の方のためのセルフケアコース
15000円(約50分)

病院や接骨院の治療で治らなかったあなたへ

はじめまして!稲村と申します。
学生の頃、武道の練習にあけくれていた私は、股関節痛と腰痛に悩まされていました。

そのときに知ったのですが、病院や接骨院にいって、アイシングや湿布をしてもらっても、本当に気休めていどの効果しかないことです。

いまだからわかりますが、病院や接骨院は、【ねんざ】や打撲のようなケガが得意分野で股関節痛や腰痛のような慢性症状は、不得意分野なんです。

だから、言われたとおり家で頑張ってアイシングしても、毎日のように電気をあてにかよっても、一向によくならなかったんです。

当院では、慢性痛の原因である、自律神経が起こした筋肉の緊張を、
体の内側からゆるめていくことで、少ない回数で、根本的な改善を目指しています。

股関節痛のリハビリ方法

追伸

人間は歩くのが基本。
その基本が痛くてできなくなると、根本的な自信を失ってしまいます。

そして、レントゲンで骨の画像をみてしまうと、強いショックをうける方が多いです。しかし、そもそも痛みの大半は筋肉が原因です。

レントゲンは、痛む部分を透過してしまうため画像検査には痛みの原因はうつらないことが多いんです。

股関節は、直立して二足歩行する人間にとって、中心になる関節です。

痛い状態がながいと、腰や膝など、体のあちこちに負担がかかります。
治療をはじめるのが早いほど改善がはやくなります。お気持ちがきまりましたら、一日でも早くご相談ください。

[box class=”box32″ title=”お問い合わせはこちら”]お電話でのご予約・お問い合わせはこちら
075−251−0266
受付時間 10:30から18:00
(最終受付 17:30)
休診日:火曜、金曜
(日曜祝日も営業しております)

[btn href=”http://kyoto-seitai.com/予約フォーム/” class=”raised main-bc strong”]予約フォーム[/btn]

[/box]