変形性股関節症に筋トレは有効か?

京都の”変形性股関節症”研究所


変形性股関節症の場合、
筋トレやストレッチを勧められることが多いと思います。


しかし、
これらは本当に有効なのでしょうか。


筋トレにはメリットとデメリットがあります。


メリットは、筋トレ(運動)をすることで患部付近の血行が良くなって痛みがとれることがある。


デメリットは、
痛い部分に痛い動きをすることで、痛みがより強くなる可能性がある


ということになります。


股関節の痛みは、筋肉量の減退が原因ではないので、
筋トレで筋肉を増やすことに意味はないと思いますが、
動かすことには意味があります。


しかし、
それは、あくまでその動きが痛くないとき。


痛いときに、痛い動作をすると悪化の可能性が極端に高くなります


基本的には、
変形性股関節症の場合、運動が必要とは考えていませんが、
もし、やる場合でも、痛みがない状態でおこなってください。