股関節痛と骨の変形

変形性股関節症


当院に来院されてる方の中には、股関節の変形が末期の状態の方もこられます。


はじめは、相応の強い痛みがありますが、
生活習慣や、間違ったケアをやめていただくことで、
完全に痛みがなくなることも少なくありません。


しかし、再度レントゲンなどをとってもらうと、
骨は末期のままです。


これはどういうことなのでしょうか?


簡単にいうと、股関節の痛みと、骨の変形度合いはまた別の問題だと考えていいということだと思います。


痛みを起こしているのは、骨ではなく周囲の筋肉や筋膜などの軟部組織。
骨ではありません。


股関節をとりまく周囲のバランスの崩れをとってあげると、
筋肉の血行が回復し、骨の変形とはかかわりなく痛みがとれていくことがほとんどです。


手術という選択肢ももちろん有効だと思いますが、ほかにも選択肢があるということもしっておいていただければと思います。