よくあるご質問 股関節痛・坐骨神経痛Q&A 


腰痛・坐骨神経痛の症状について、施術方法について、
よくいただくご質問をまとめてみました。


少しでも参考になれば幸いです。




腰痛・ヘルニア




腰痛・坐骨神経痛について





何回ぐらいでよくなるのでしょうか?



症状や個人差によっても異なりますが、8割ぐらいの方は1から5回程度で問題ないレベルに回復される方が多いです。






腰痛とはどういう症状ですか?

肩甲骨より下の背部の痛みやだるさの総称を腰痛といいます。

一言に腰痛といっても、動けないほどの激痛を伴う場合や、おきたときだけ痛い場合、特定の動作によって痛む場合など症状は様々です。

また、その痛みがお尻から足先などに出る場合は一般的には坐骨神経痛と呼ばれています。





腰痛・坐骨神経痛はなかなか治らないというのは本当でしょうか?


腰痛を抱えておられる人は日本中に1000万人いるといわれています。
”腰痛持ち”という言葉があるように、
慢性的に腰痛をずっと抱えておられる方は非常に多いです。

マッサージや痛み止めなどでいったんは症状がおさまっても、原因が解決していなければ、何かのきっかけで再発してしまいます。

それらを繰り返すうちに、
「私の腰痛はもう治らない」と思い込んでしまうケースがほとんどのようです。

しかし、これは、対処法が充分ではないからというのが理由だと考えております。

当院での経験では、痛みの原因を適切に施療すれば、通常1から5回程度の施術で、慢性の痛みでもほとんど消失します。
(症状が重度の場合はもう少しかかることもあります)







何が原因でおこるのですか?


腰痛の85%は原因不明だと考えられています。

一般的には、体重・筋力不足・加齢によるもの・椎間板が薄くなっているなどといわれていますが同様の状態でも腰痛を発する人も居れば、まったくない人もいます。

そのため、単純に体重や加齢ではすまされない明らかな原因があると考えています。

当院では、カラダを腰のみでとらえず、全体のバランスでとらえています。

カラダには、動きの連動というものがあり、その連動する部位の筋肉の緊張などが原因になって、腰に影響を及ぼすと考えています。

そのため、その原因部位の緊張をゆるめることで、患部の痛みは軽減し、消失します。






薬で治すことはできますか?


痛みは薬や湿布、注射で一時的に抑えることができますが、治療薬はありません。




腰痛・坐骨神経痛について その2




3年以上痛みがつづき、病院、接骨院、鍼など何軒も通いましたが少しもよくなりません。こんな状態でも診てもらえるのでしょうか。


腰痛・坐骨神経痛で、各種の治療院を転々とされてる方は、非常におおくおられます。
そのような状態でも、一度施術をうけていただければ、ほとんどの場合、その場で、明らかに痛みが変化しますので、効果を実感していただけると考えております。

本当に困っておられる方に改善していただくのが当院の使命だと考えております。




腹筋・背筋をすれば腰痛は治りますか?


痛みと筋力はほとんど関係はないと考えています。
筋力の減退から痛みが出るのであれば、お年を召した方のほとんどが腰痛が発症することになってしまいます。

腹筋運動をすることで、血行がよくなり経度の腰痛であればよくなることもありますが、筋力が付くことで痛みが軽減しているのではないと思います。




骨折していても診て頂けますか?

骨折している場合は施術の対象外になります。
知らない間に圧迫骨折している場合もありますので、

まずは、病院で検査の上ご来院いただければと思います。





運動を続けながらでも改善していくのでしょうか?


それほど、症状が重くなければ運動しながらでも施術は可能です。
しかし、安静にしながら施術していったほうが改善の近道になります。






陸上競技をしているのですが以前のように走れるようになるのでしょうか?



状態によっては、ある程度の回数がかかる場合がありますが、経験的には、運動復帰を希望されてた方は、ほとんどの方が問題なく運動復帰されています。


腰痛・坐骨神経痛について その3




近くの接骨院で患部を押してもらう治療をうけています。痛みを我慢して3ヶ月ほど通っていますが変化がありません。このまま続けたほうがよいのでしょうか?



世の中にはさまざまな治療法があるとは思いますが、腰に痛みがあるという状態で、患部を強く押すというのはリスクが高く、あまりおすすめできないと考えています。

また、効果のある方法であれば、2,3回施療すれば明らかに改善すると思います。







家で自分でできることはありますか?


当院ではセルフケアコースをご用意しております。
お一人お一人の症状にあったケア方法をお伝えいたしますので、ご自宅にて実践してください。
我流でのケアは逆に症状の悪化の原因になる可能性がありますので、おすすめできません。

他には、入浴が筋肉をやわらげる一番の方法ですので、シャワーですまさずに、入浴することで回復がはやまります。






遠方ですがどうやって通うのが理想でしょうか。


当院には、2011年現在、北海道や東北、九州などの遠方からもご来院いただいております。
遠方の方の場合、一泊二日ぐらいの予定でご来院いただいて、その間に3回ほど詰めて施術することで、短期の回復を実現させます
また、家でもケアの仕方を習いたいという方のために、セルフケアコースもご用意しております。




椎間板ヘルニアについて




椎間板ヘルニアとはどんな症状ですか?



椎間板とは骨と骨の間のクッションのような役割の組織です。
椎間板の中の髄核がとびだし、神経を圧迫して痛みがでるといわれています。


しかし、腰痛の症状のない方に対してMRIをとった実験でも、3割程度の方に椎間板のヘルニアが発見されるということがわかりました。

つまり、椎間板ヘルニアでも痛みがない人がいるということです。

腰痛で著名なヒューバードモロゾフ教授は、
「椎間板ヘルニアが痛みを引き起こす可能性は、全体の3パーセントにも満たない」と述べています。



友人にヘルニアではないかと言われましたが、病院にいったほうがいいのでしょうか。



まずは、自己診断せず、整形外科でしっかりと検査をうけてください。

腰痛といっても、腫瘍や、胆石など内臓疾患からくる症状もあります。
また、急に痛みが強くなった場合で、排便、排尿に障害がある場合は、とくに急いで整形外科を受診する必要があります。



ヘルニアは手術したほうがいいのでしょうか。





馬尾症候群などの場合は緊急に手術が必要だと思われます。
ヘルニアの手術の場合、4年後の状態を調べた統計では、手術をした人と、保存療法をした人とでは、症状に差がないという結果もでています。




施術について






整体の施術は痛みをともないますか?


整体といっても、手法は無数に存在します。
痛い整体もあれば、全く無痛の整体もあります。

当院の整体技術は、ほぼ無痛で、患部にもほとんど触れずにおこないますので、痛みが苦手な方にも安心です。





アシスタントの方が施術したりしませんか?


当院では、すべての施術を、整体師稲村が責任をもっておこないます。
また、器具や電気などの治療器具もいっさい使用しませんのでご安心ください。







回数券などはありますか?


なるべく回数をかけずに全快していただくのが目的ですので、回数券などは必要ないと考えています。





どれぐらいの頻度で通うのがいいのでしょうか?



症状によって異なりますが、一、二週間に一回程度、2回から5回ぐらいで完全に回復される方が一番多いです。






悪化したりしませんか?


基本的には、患部は刺激せずに、自律神経の働きを正常にもどした結果、腰痛がなくなっていきますので悪化の心配はありませんのでご安心ください。

(回復していく段階で好転反応で若干痛みの増減が有る場合はあります)



高齢でも施術していただけますか?


はい。
改善には年齢は関係ないと考えています。
2011年現在、3歳の子供さんから、96歳の方までご利用いただいております。




ヒザも診てもらいたいのですが可能でしょうか?


関節部の痛みが患部に原因はなく、自律神経のシステム不調であるというのが基本的な考え方なので、それは膝についてもおなじことが言えます。

そのため、肩こり、頭痛、腰痛、五十肩、ぎっくり腰、ひざ痛など、いろんな症状のかたもご来院いただいておりますのでご安心ください。




営業について





予約しないといけないのですか?



お一人お一人、時間をとって真剣に施療したいと考えておりますので、完全予約制になっております。
ご希望の数日程度前にご予約をいただければスムーズにご案内できますのでよろしくおねがいいたします






お休みはいつですか?


定休日は現在のところ火曜日にいただいております。
それ以外、研修などでお休みをいただくことがございますので、お問い合わせいただければと思います。





相談してからお伺いしたいのですが。


施療中は、電話でのご相談をうけることができませんので、腰痛や坐骨神経痛の症状に対するご相談については、メールにておねがいいたします。








保険はききますか?


整体は医療行為ではなく、
心身を健全な状態に保つための健康法です。
民間療法になりますので、保険は適用外となります。
悪しからずご了承ください。





何か持っていくものはありますか? [#v69



夏などにひどく汗をかいておられる場合などは、Tシャツをご持参ください。
それ以外は特に必要なものはありません。




ひとりでは不安なので付き添いがいても大丈夫でしょうか。



はい。
ご一緒にご来院いただければと思います。