股関節痛は、揉む、ストレッチはNG!

 

股関節の痛みでご来院のNさんとの会話。

先生、私、股関節のこの辺りが痛いんですよ!

と、いいつつ、痛いところをグリグリ指で押しています。

あ、Nさん、痛いところ普段からそうやっておしてません?
え?ああ、気づいたらいつでも押してますよ。押すと楽になるので。
これ、実は、
股関節痛が治らない最大の原因なんです。
みなさん、治そうとおもって逆に悪化させてるんですね。

でも、股関節のケアといえば、
股関節のストレッチや、テニスボールでお尻をグリグリが一般的です。
では、なぜ、悪化を招くケア方法が一般的になってしまっているのか。

それは、
その場では楽になるから。

この感覚的な錯覚によって、間違ったケア方法が生まれ、
股関節症の方がどんどん増えていっています。

なぜ、股関節周りのマッサージやストレッチはやってはいけないのか

股関節の痛みでお悩みの方の大半は、
関節の中がすり減って痛いのではなく、
まわりの筋肉が硬くなって痛いんです。

では、なぜ股関節周りの筋肉が硬くなるのか。

それは、今の体にとって、その硬さが必要だからです。

慢性的な疲労などで、体がバランスを崩したとき、
体を支える支えが必要になります。

その体を支えるための支えが股関節周りに発生したとき、
股関節の周りの筋肉が硬くなります。

この段階では、股関節周りがだるい程度ですが、
ストレッチやマッサージなどをすると、
筋肉が一時的に緩んでしまいます。

この一時的に緩むのが曲者で大抵の人はこのときに、
「楽になった!」「治った!」
と思い込んでしまいます。

しかし、本来必要な硬さを緩められてしまった体は、
今度は前よりももっと強い支えをつくります。
そうすると、だるさが痛みに変わってきます。

そして、痛くなると、
ストレッチやマッサージをして、一時的に楽になって、
結果的に悪化します。

楽になってから次の痛みがでてくるまでに、
一定のタイムラグがあるために、
マッサージ=悪化の原因
ということに気づかない人が圧倒的に多いんですね。

そして、
間違ったケアを繰り返していくうちに、
日常生活に支障が出てくるぐらいの強い痛みになります。

 

じゃあ、どうしたらいいのでしょうか?

 

答えは、

「何もしない!」です。

初期の症状であれば、
なにも対処しなければ、1、2週間で症状は治まります。

まずは、何もしない。

ストレッチも、マッサージも、テニスボールでの指圧も、
ストレッチポールも、何かをして治そうという試みを中止してみてください。

あなたの、股関節痛の回復はそこからはじまります。

 

[alert title=”注意”]股関節のマッサージは悪化の原因、なにもしないことから回復がはじまります[/alert] 

 

 

 

 

ご相談窓口